世界遺産 ロス・グラシアレス アルゼンチン

旅行

世界遺産 ロス・グラシアレス アルゼンチン

成長しつづける巨大氷河群 ロス・グラシアレス

ロス・グラシアレス国立公園(Los Glaciares National Park)は、アルゼンチンの南端、サンタクルス州に位置する国立公園です。1981年にユネスコの世界遺産として登録されています(自然遺産)。

ロス・グラシアレスというのは、スペイン語でそのものズバリ「氷河」という意味をもつ言葉です。
このロス・グラシアレス国立公園も、名前どおり、広大な氷河群が魅力の世界遺産となっています。その面積は約4,500平方キロメートルにおよび、敷地内には世界第3位の氷原である南パタゴニア氷原の一部も含みます。

これだけ広大な氷河群が形成され、維持されているのは、パタゴニア独特の気候に秘密があります。
この地域は真冬でもさほど気温が下がらず、マイナス5度前後で推移するのです。そのため、氷河は溶けたり凍ったりを繰り返すことになります。さらにそこに、次から次ぎへと雪がどんどん降り積もっていくため、氷河は成長をやめず年々大きくなっているわけです。

ロス・グラシアレスの存在はまさしく、絶妙な匙加減によって成り立っている大自然の神秘なのだということができるでしょう。

出典 http://yuuma7.com

アルゼンチン 氷河

出典 http://image.dlift.jp

飛行機
ブエノスアイレス市(Buenos Aires)からカラファテまで夏季は週に3~4便、冬季は1~2便
バス
カラファテまでは直行バスはありません。バスでブエノスアイレス市からリオ・ガジェーゴス(約36時間)経由でカラファテ(約4時間)。

ブエノスアイレスのレティ-ロバスタ-ミナル
http://www.tebasa.com.ar/

ここからすべての地方へ発着しています。都市名をいれるとバス会社名と電話番号が表示されます。

出典 http://www.mercosur.jp

1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ