世界遺産 ベトナムハロン湾!

旅行

世界遺産 ベトナムハロン湾!

ハロン湾は、ベトナム北部、トンキン湾北西部にある湾。クアンニン省のハロン市の南に位置し、カットバ島のほか大小3,000もの奇岩、島々が存在する。伝承では、中国がベトナムに侵攻してきた時、竜の親子が現れ敵を破り、口から吐き出した宝石が湾内の島々になったと伝えられている。 カットバ島以外の島は現在は無人だが、約7,000年前の新石器時代にはわずかに人が住んでいた。また、数世紀前までは海賊の隠れ家として利用され、また モンゴル帝国の侵攻の際には軍事的に利用された。
彫刻作品のような島々の景観は、太陽の位置によって輝きが変化し、雨や霧によってまた趣のある雰囲気を醸し出す。 地質学的には北は桂林(中国広西チワン族自治区)から、南はニンビンまでの広大な石灰岩台地の一角である。石灰岩台地が沈降し、侵食作用が進んで、現在の姿となった。

出典 http://ja.wikipedia.org

こんな都会の喧騒を忘れさせてくれる空間行ってみたいですね!

ライトアップされている鍾乳洞もあったとは。

見どころいっぱい! 一度は行ってみたい。

時間のある人はこう言う船旅もいいですね。

1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ