世界遺産 ローマ

旅行

世界遺産 ローマ

イタリアの首都で政治、経済、文化の中心地である。当市に囲まれるようにローマ教皇の居住するバチカン市国があり、そこは全世界のカトリック教徒にとっての中心地で、現在は外国であるが歴史・宗教・文化的にはローマ市地域と密接な関わりがある。そして昔のローマの大国さを表した「ローマは一日にして成らず」という諺もある。また、領土を持たないマルタ騎士団の本部、マルタ宮殿がコンドッティ通り68にあり、治外法権が認められている。
2007年現在の人口は約270万人で、イタリアで最も人口が多い都市である。2010年の都市的地域の人口では271万人であり、世界128位である[4]。 かつてのローマ帝国の首都であったため西洋文明圏を代表する都市のひとつであり、カトリック教会の中枢であり、そしてまたその美しさから『永遠の都』と称される。

出典 http://ja.wikipedia.org

1

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ